医療レーザー脱毛は超おすすめだよ

医療脱毛の安全性に関する情報

医療脱毛ってエステの脱毛と何が違う。そのメリットとは

医療脱毛とは、文字通り医療で行う脱毛方法のことを指しているのです。専用のレーザー機器を使い、安全にムダ毛を処理する方法と最近注目されるものです。
レーザー機器も厚生労働省から医療用として認可された機種であることが条件。また、レーザー機器での手術は直接医師が行うか、医師の監理下で行うという厳しい条件が義務づけられています。ちなみに、エステティックサロンの光脱毛(IPL脱毛)などによる施術は医療脱毛ではありません。医療行為に当たらぬよう出力を小さくするため効果が出にくいようです。医療脱毛は医療機関のみに許された施術なのです。

医療レーザー脱毛はなぜ永久と言われるのか

医療機関での脱毛はレーザー光線を使用して行われます。黒色に光が反応して、ムダ毛の根元を破壊する形ですね。ですから、少しチクっとするのです。
1カ月に1度くらいの照射で3~5回程度の施術で終了。毛根自体が破壊されていますので、その後はムダ毛が伸びにくくなり、ほぼ永久的と言われています。

肌にやさしいカミソリやクリーム

医療レーザー脱毛のメリットとは

数々のメリットがあります。いくつか代表的なものをあげましょう。
・お肌にやさしく働き、手間いらず/自己処理の場合、肌荒れがひどくケアが必要になります。特に脇の脱毛は、腫れ、毛膿炎や埋没毛などのトラブルを起こしてしまうことも。医療レーザー脱毛なら、1秒に約10~15mmぐらいの処理が1度にでき、毛根だけを照射していくので肌への負担が殆どなく、その結果ハダトラブルも起きにくくなります。
・スピーディー/1度に広範囲で照射できるので、脇なら約5分程度。約5回程度の通院できれいな脇になれます。脱毛完了後は、脱毛の手間が再びかかることなく、繰り返し行わなくてはならない自己処理や、定期的に通い続ける専門店とは違い、早さがあります。
・痛みが少ない/脇や全身脱毛は、以前は針の施術が主流で痛みに耐えながらの脱毛でした。医療レーザー脱毛は輪ゴムではじく程度の痛みで、痛みが少ない脱毛といわれています。
・美肌効果/施術により毛穴が目立たなくなるので、キメ細かな印象となり、見た目の美肌効果が期待できます。自己処理では毛穴がブツブツと目立ちがちだった手、足、脇などもすべすべとなり、肌を露出するのがウレシイという女性も多いとか。また、脇の臭いが軽減されるというのもメリットです。